公園の樹木と花

 各地の公園を訪れた時、樹木名や草花の名が分かったら、どんなに楽しいことだろうか、また自然への親しみも湧いてきます。しかし、植物園を除くと、殆どの樹木や草花の名前が分かるようになっていないのが現状です。そこで、どこの公園のどの辺へ行くと、どんな樹木や草花が見られるか調べ、観察記録を書いています。多くの人に参考にしていただければ幸いと思っています。

三ツ池公園「ノコンギク、イヌトウバナ、メドハギ、バンリコウの冬芽、イチヨウの冬芽、カクレミノの果実」

1111日(月)

 

三ツ池公園「ノコンギク、イヌトウバナ、メドハギ、バンリコウの冬芽、イチヨウの冬芽、カクレミノの果実」

 

2019年11月11日三ツ池公園「ノコンギク、イヌトウバナ、メドハギ、バンリコウの冬芽イ、チョウの冬芽、、カクレミノの果実」

カクレミノの果実

 

カクレミノの果実を見ようと、丘の上広場から階段を下りて行った。すると、葉陰に。楕円形をした果実が塊になっていた。1つの果実を拡大して見ると、表面に緑色の線模様が見え、スイカのように見えた。

 

 

 


1111日(月)

 

イヌコウジュを見た後、パークセンターへ通じる坂道を横切り、奥の広場へ向かった。この奥で見たいものは、イヌトウバナとメドハギである。道を渡った時、ノコンギクが目に入って来た。今日、坂の道際にノコンギクを見て来たが、ここでは群生している。ノコンギクは、今が最盛期を迎えているようだ。

ノコンギク

 

イヌコウジュが茶褐色に変色していたのに対し、イヌトウバナは緑色のままで、新鮮に映っている。しかし、花数は先日よりは少なくなっている。先日も思ったが、イヌトウバナはイヌコウジュより花期が長い。

イヌトウバナ

 

次にメドハギのところへ移った。ここの広場にはメドハギが群生しているのだが、先日の台風で横倒しになったままのものが多い。そろそろ花が咲いているのではと思ったが、その気配はなかった。今年は、パークセンター前の広場で1度見ただけで、その後メドハギの花を見ることはなかった(資料)。

資料:https://01hana.blog.fc2.com/blog-entry-3376.html

メドハギ

 

更に奥へ進むと、バンリコウとイチヨウのサクラの樹がある。サクラの花の時期には、どのサクラも短い期間に咲くので、三ツ池公園の全部のサクラの開花を捉えることは難しい。特に離れた場所にあるこの2種類のサクラは毎年見損なっている。

花に比べると、冬芽の期間は長いので、ここの冬芽は毎年捉えることが出来ている。バンリコウの冬芽は暗褐色で、丸味を帯びた楕円形をしている。長さは5mm程であった。イチヨウの冬芽は明るい褐色で、細長く、先が尖り、大きさはバンリコウよりやや長く、8mm程であった。この2種類の冬芽は対照的である。

バンリコウの冬芽

 

イチヨウの冬芽

 

何時もはここからパークセンターへ下りて行くのだが、今日は上の池の近くにあるカクレミノを見ようと、階段を下りて行った。カクレミノはこの階段の途中にある。上から確認しながら下りて行くと、緑色の果実が見えて来た。カクレミノの果実は枝先から下向きに9個ぐらい纏まって付いている。そのため、下から見ないと詳細は分からない。果実は円形に近い楕円形で、表面に緑色の線模様が見られる。スイカを小さくした姿に似ている。

カクレミノの果実

 

撮影:114

 

記  2019115日(火)

テーマ:生物学 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する